Information

2016.11.7

スタッフの日常

今月の一冊

こんにちは!ビジストの西村です。

「空気のつくり方(池田淳著)」、そのタイトルを見て、空気を読むとか、読まないとか、人付き合いの指南本?と思っていましたが、

横浜DeNAベイスターズの経営サクセスストーリーだったのです。

空気のつくり方

失礼ながら毎年5位6位が定位置だったお世辞にも強いチームの印象がなかったベイスターズが、

2011年の新球団設立から5年で黒字化、ホームゲームのチケットも取れない、連日満員に大躍進!(今季は成績も3位とCSに進出が決定)

ファンに愛される球団になるために「横浜に根付き、横浜と共に歩む」メッセージをブレることなく発信することを決めたベイスターズ。

取り組んだのは、きちんとしたマーケティングに感度の高いセンスをプラスして世の中に伝えるための「空気づくり」でした。

本書は市場や組織内の空気を知り、空気をつくること、コミュニケーションをつくる、センスを磨くという章に分かれていて、

まるで面白い講義を受けているようでした。



企業も商品も個人も、先ず「なりたい自分」があるのかが基盤となり、その上でどんなブランドになりたいのかを決める。

それが描けていないと発信するメッセージや広告はきちんと届かないことに考えさせられました。

あの人いつも乗ってるな、あいつには良い仕事が回ってくるな、上手くやってるなぁと思わせる人は、

空気が読めている人ではなく、「ワクワクした空気をつくっている人」なのかも知れませんね。

株式会社ビジネススタイリスト大西社会保険労務士事務所

〒542-0081

大阪府大阪市中央区南船場2-4-8 長堀プラザビル4階

AM9:30〜PM5:00 土日祝休業