2018-04-26

実践型リーダーシップ研修・共感

実践型リーダーシップ研修が4月20日から始まりました。今年でこの研修も7回目で5年目をむかえることとなりました。
今年から研修前に行っている面談でのやり取りの中にホワイトボードミーティングでの学びを取り入れ、受講者の強み・課題についての意見だしをしていただくことを実践しています。
話された言葉を、目の前でそのまま書面に書き出し可視化することで、自分の思いや課題を改めて整理いただくことが出来ました。そして、その課題に対するアクションプランを作成し、次につなげる具体的な行動を書き出してもらいました。具体的な行動をどれだけ実践いただけるかが楽しみです。

研修開始時に、「研修の場では、受身でなく積極的に研修に参加して、自分の考えや意見・感想等をどんどん発していきましょう、そして他者の意見に対しては共感しお互いに意見を出し合うことをしてください。」と、皆様にお伝えしました。

しかし、1回目の研修にのなかで感じたことは、研修の場面でもつい普段のコミュニケーションや考え方の癖がしっかりと出てしまうということです。
コミュニケーションのスキル・スタンスを学ぶだけでなく、4日間の研修受講中も受講生の方々が意識して自分の言動を変えること、共感することにチャレンジしていただくためには・・・・

ファシリテーターである自分のあり方、言動方を見つめなおすことが今の私の課題です。

関連記事